英語教育の変化に必要な力とは?

久しぶりの投稿となってしまいました。

すみません。

さて、本日は2020年をめどに行われる英語教育の大幅改革のお話を少しだけ、、、

皆様、すでにご存じかと思いますが、2020年度完全実施で教育現場のでの英語教育が大幅に変わります。

従来は、いわゆる「受験英語」と言われるように文法教育重視の体制で行っていた日本の英語教育が、

2020年度より、「話す・聞く・読む・書く」と言う4スキルを重視した総合的英語力の育成に変化し、

小学校では、英語の教科化がスタートし成績評価の対象となり・大学入試問題が4スキルの評価方式等、

早い段階からの4技能の総合的育成が重要となってまいります。

本格実施は2020年度からとなりますが、今年度より一部自治体では先行実施が始まっています。

「読めるだけ」「書けるだけ」「聞けるだけ」「話せるだけ」ではなく、

コミュニケーションができる英語力の育成が今後のお子様の大きな課題となります。

実際にコミュニケーションをとれるまで確実な英語力身に付けるには、その場だけの学習ではなく

出来る限り長い期間、英語に触れ・反復学習を行い続ける以外に近道はありません。

今後のお子様の英語学習における課題をクリアするには、早めの学習開始と継続が重要だと思います。

当校でも、より確実な総合的英語力の育成を望まれる保護者様のお声が多く聞かれるようになり、

今春より外国人講師と日本人講師の2本立てで行う、総合的英語力の育成・強化を目標とする

特別コースを始動いたします。

4月19日(木)に無料体験レッスンの開催も決定しておりますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

残席3席となります!

 

スーパー英語コースの詳細はこちら

体験レッスンのご案内はこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。